• ドライバーの更新

    現在利用しているこのPCはWindows7からのスタートです。
    無料アップでWindows10にし、最新のWindows 10 Fall Creators Updateにしてあります。
    その後、EDIUS Neo3.55が不調不調と書いて来ましたが、EDIUS Pro9体験版を入れ、体験した後にアンインスール、再びNeoを戻しました。
    現在のところ問題無く快調に動作しています。

    さて、呑兵衛あなさんからグラフィクスドライバーの影響はありませんか?と教えられ、インテルのサポートプログラムで確認しましたが、特に問題はありませんでした。
    しかし、7からの機種なので中には古いドライバーもあるのかなと、点検をしてみました。
    点検・更新作業はフリーソフトにお任せ。フリー版を利用しました。
    Driver Booster 5
    その前に現況のドライバーをバックアップしておきました。
    更新後に起動しなくなったら恐いですからね。
    Double Driver

    点検したところ、かなり古いドライバーがありました。
    そこで、全て更新したところ、PC動作が軽くなった様な気がします。
    Windows本体で更新時にアップデートするドライバーもありますが、取り残されているものもあるのでしょう。
    それらが重要なドライバーなのかどうかは不明ですが、まあ最新版になったので良しとしましょう。


  • EDIUS Pro9 体験版

    Windows 10 Fall Creators Updateをしてから動画編集ソフトのEdius neo3.55 が不調と言うことは先日に書きました。
    その後、アンインをして直っていたのですが、やはり同じエラーが発生しました。
    そこで1万円前後で購入出来るソフトの体験版を何点か落として試用してみました。
    やはり、使い慣れていないのでしっくり来ません。体験版の最大の問題は映像にソフト名の透かしが入ります。
    これでは実用出来ません。
    そこで慣れたEDIUSの体験版も使ってみました。
    EDIUS Pro9体験版
    やはり慣れているので使い易いです。
    しかし、プロでもないのにこの値段は躊躇してしまいます。
    今回新規に発売されたNEO版からのアップグレード版です。
    Amazon価格
    こちらも体験版では大きく透かしが入ります。
    実用は出来ません。
    再再再度、Neo3.55を入れ直しました。
    今のところ、問題無く使えています。
    手ぶれ補正の修正機能で「スタビライザー補正」と言うエフェクトを入れると強制終了していたのです。
    カメラはソニーの空間光学手ぶれ補正機能の付いたものですが、こいつも曲者で手振れ揺れを防ぐためにレンズが動きます。
    しかし、レンズが完全停止していないと撮影動画は揺れているんですね。
    NHKの世界街歩きのように歩いていてもスムーズに撮影するには、専用のスタビライザー機器が必要です。
    高価なものは百万とかしますが、低額なものは数千円からあります。
    数千円のものを買いましたが、なかなか使いこなすのは難しいし、はっきり言って自分の撮影では邪魔です。
    近年のWindowsは無料でアップデートしてくれますが、編集ソフトはバージョンが上がる度にアップデート版の購入をしなくてはなりません。
    貧乏人には厳しい~