乗り鉄とテクテクおやぢのニッポン徘徊記

Expandmenu Shrunk

Ray

1995年前後にNEC PC-9801と言うMS-DOSマシンを使い作っていた音楽です。

エディターを使い、楽譜をMMLと言うテキストファイルに入力していきます。
ドの4分音符ならC4と入力していきます。それの羅列です。
出来上がったMMLファイルを変換し、RAYファイルにします。
RAYファイルは専用のソフトで聴くことが出来ました。
そんな作品を動画に変換して置いてあります。
UMIさんが管理人です。

RAY

T98 NEXTでRay [2010/10/28追加]
エミュータと言う仮想領域作成ソフトでMS-DOSが動作します。
T98 NEXTの解説



コメントは受け付けていません