PC歴

2011/05/13更新  日付はかなりいいかげんですぅ(^_^;;;

MSXコンピューターに触れる
88/?? 電気屋が冗談で持ってきたMSXに触れる
テレビのビデオ入力端子に接続しカタカタと本に出ているBASICプログラムを入れてコンパイルし動かしてみる。
なんや面白いやんかと、はまってしまう。
電気屋に1万円を払って購入。
たった1文字の入力ミスで起動しない。。このミスを探すのに数時間、記憶装置が無いから電源を落としたらおしまい。
10 INPUT・・・
20 GOTO・・・
30 IF・・・THEN・・
もう忘れた。
カセットデッキを繋ぎ、カセットテープに入力したデータを保存。
だんだん嫌になり押入れに・・・・、現在も押入にあります。起動しますよヽ(´∇`)ノ♪

東芝ルポ
90/?? 東芝ワープロを必要に迫れてダイエーで38千円で買った、かな入力をお奨めしていたのでかな入力を必死に憶える
この「かな入力」今でも続いている、「ローマ字入力」もやろうと思えば少しは出来る(^^;)
数年後、同僚に譲渡

PC9801RX21(286)パソコン入門
92/08 JR津田沼駅徒歩5分の怪しげな弁当屋の中にあった中古屋から中古購入
フロッピー起動、8ビット機種、メモリー640k、CPU-286/12MKz、26音源ボード付き
(当時、パソコン本体だけで50万、ディスプレイ14インチで10万以上、それも16色表示)
中古価格15万、プリンターVP-2000/5万 ディスプレイ/5万
92/09 MSDOS3.3D、ワープロソフト「松」/35千円、表計算ソフト「アシストカルク」1万
93/05 120MSCSI外付ハードディスク購入/28000円
94/01 パソコン通信Nifrt-Serve、PC-VAN加入/通信速度2400bpsネットデビュー
94/08 EMSメモリー/2M追加、2万円
94/09 音楽ソフトRayにはまる
94/11 86サウンドボード購入
95/01 Nift-serveパテオ燦々倶楽部参加 Rayデータ作成に熱中
95/03 モデム交換11400Bps
95/08 Windows3.1をやりたくて486CPUアクセスレーター/3万円、購入/後に譲渡
95/09 Windows3.1導入は8ビット機種では厳しいと断念
95/12 外付けSCSI-540Mハードディスク購入/3万
96/09 インクジェットプリンターEPSON/MJ-700V2Cを購入、5.8万円
96/10 あるところから持ってきた外付けSCSI-340M取付け/現在休眠中
97/07 外付けSCSI-540Mハードディスク購入/8千円/現在休眠中
98/02 内蔵SASI-40Mハードディスクを秋葉原のジャンク屋で4千円で購入
99/01 5インチ内蔵フロッピードライブ2台故障使用不能
99/02 休眠
02/03 通勤途中の道端に同機種が違法投棄してあった、綺麗である。拝借することに衆議一致で決定。って一人ですが。
早々に拾いに行く、ついにゴミ拾いまで落ちてしまった。持ち帰り電源を入れると起動しない、そこで分解するとなんとCPUが換装されているではないか486が付いている、以前換装した486は燦々倶楽部の仲間に譲ったので286に戻っていたので感激、早々に2台をバラバラにし、お互い使えそうなものを選んで組み立てる。5インチFDDも利用が可能となる。
組み立て完了し恐る恐る電源投入→40MSASIがカタカタコトコト→MS-DOS3.3D起動→ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノバンザーイ♪
02/04 使う予定がないので再度休眠に入る。ヾ(・・;)ォィォィ

PC9821V16M7D3(P-166) あーだらこーだら
1996年秋発売のP166-CPU
97/01 購入
97/02 33600bpsにてインターネット開始
97/02 86音源ボードの取付 PC9801RX21から取外し
97/11 TA追加(T-ZONEで投売り9800円)
98/01 32×2 メモリー追加(32Mが7千円程度だったかな)
初めてホームページを公開する
98/03 SCSIボード及び4.3G-HDD追加
98/04 CD-ROM交換、8倍速→24倍速
98/05 640M-MO追加
98/06 32M×2 メモリー追加 合計128M(この時は6千円程度だったような)
98/12 U-SCSIボードへ交換
99/01 16M3グラフィクボード追加(広い画面が欲しくて)/初期設定が難しかった、原因はドライバーのバグ
99/02 CPU交換-Winchip2-240Mhz(下駄も何も要らずにただ載せかえるだけでした。7500円)
99/02 TA交換(以前のTAが遅いようだったので)
99/05 動作不良に陥る。CPUを元のP166に戻す。(^。^;;
99/05 Winchip-CPUが過熱気味のようでCPUファン(秋葉原の道端で500円)を買い求め、再度挑戦、正常運転に戻る。(00/06現在Winchip240は販売されていません)
99/05 デジタルカメラをある筋の人から入手(^。=)フフフフ
00/01 内蔵SCSI-4.3Gハードディスクご臨終/持たなかったなぁ(;_;)ウルウル
00/02 外付けSCSI-13Gハードディスク購入/3万円
00/05 あるところから内蔵IDE-4Gハードディスクを持って来て取付け
00/06 標準内蔵IDE-2Gハードディスク取り外し–PC9821Xeへ取付け
00/07 カシオQV3000EXデジタルカメラ購入
00/08 とあるところから内蔵IDE-2Gハードディスクを持って来て取り付け
一番大変だったことは、内蔵PCM音源とCバス用86音源ボードの共存でした。
下記のようにAUTOEXEC.BATに”SIC”と言うツールソフトを利用してWindowsのDOS窓からも利用出来ます。
Windowsでは内蔵PCMでMP3やMIDIを聴き、DOS窓でRayを聴いています。
C:\SIC\SIC.EXE /WSS /MASK /86B
ちなみに私のPC98はSCSI接続のCドライブから起動しています。標準のIDEよりも数倍もアクセスが速いです。
DOSは現在もパーティションを切ったDOSドライブから起動して利用しています。
Windows関連ドライブをFAT32にしてありますので、DOS起動した時には認識しませんので、間違ってwndowsファイルを触る心配はありません。(^・^)
メモリーは特に純正とか国産でなくても、安い海外製で充分です。
後は家庭内LANの構築ですね(^_^;;?
※Ray=NEC-PC98の26・86音源ボード用に”ともゆん”さんによって開発された音楽ソフト、
実態はMIDIよりも面白いかも(^-^)
01/07 あれこれ取っ払い、WAV取込み専用機と延命
01/09 いよいよ寿命か、変なノイズを発生する(・・;)
01/10 変なノイズも止まり、現在はRay専用機として生き長らえています。

PC9821Xe(486DX) とFreeBSD
FreeBSDとはUNIX系のOSです。今流行りのLinuxとは兄弟のようなものです。
Linuxは残念ながらPC98シリーズではインストール出来ないのですが、は10年程前からありますのでPC98シリーズにも移植されています。
そこで自宅に転がっていた息子のPC9821Xeに入れてやろうとなんだかんだとやってみたが肝心なGUIであるX-Windowが起動出来ない(?_?;)
V16で以前試した時には取りあえずは出来たのだが、今回は完全に愛想を付かされてしまった。
じゃV16でやればと思うが、これも改造しすぎて巧くインストール出来たり、出来なかったりで断念した。
仕方が無いので今はXeにはWindows98を入れてある。EDO32Mメモリーを2個追加しているがかなり遅い(^^;;;)
パソコンも10年前の10倍良くなって10倍も値段が下がった。
安いDOS/V機が欲しい・・・自作したいよぉぉ・・・・・・・・・・・・・・・
01/04 譲渡

DOS/VとLinux
今はパソコンと言うとDOS/VとMACと一部Linuxで通常はDOS/Vのことを指す。
日本の標準機と言われたPC98シリーズは駆逐されてしまった。
で、当然会社はDOS/Vである。会社のパソコンは私個人で使っている、だから勝手に弄繰り回している。
ある時、Linuxを入れてみた、すんなりとインストールが出来たが、設定がなかなか難しい、会社のパソコンで
遊ぶ訳には行かないから今はアンインストールしてある。
このパソコン、そのうち入れ替えて廃棄処分にしようと企んでいる。
廃棄場所は自宅としたい。
01/08 会社の同僚が持ち去る
01/12 やっと利用可能状態になったそうだ。
03/10 廃棄

自作1号機 ※廃棄
01/01 正月に酒を飲んでいたら通販で月賦で組立キットが買えるという記事を読んで、飲んだ勢いで即ネットで申し込む。
01/02 月賦なので契約だあーだこーだと月末になって届く、ディスプレイが初期不良、PentiumⅢ800EB AX3S-PRO
01/03 64Mグラフックボード増設
01/04 メモリー追加、計512M
01/07 CPU交換PetiumⅢ1GEB、マザーボード交換P61SA-Ⅱ
01/08 サウンドボード増設
01/09 CD-RW交換
01/11 ADSL環境に切り換えので常時接続は楽だ。
01/12 ルーター取付、家庭内LAN完成
03/11 娘へ譲渡
04/06 HDD故障により、返却
04/07 UMIDAS.ZIVE.NETサーバーとして復活
07/05 仕事用PCとして活躍中

ノートパソコンP-100
01/12 東芝ノートパソコン620CT入荷(Pentium100Mhz)
01/12 Windows98を入れ使ってみた。遅い。バッテリーが10分で放電(^_^;)
02/08 譲渡

ジャンク機P2-450
02/06 あれこれ解体したPCから部品をかき集め1台組み立てた。
I-Oの外付けサウンドボードD2VOXを購入し、音楽取り込み専用機として利用
03/11 HDDなどを組み直し譲渡

三毛猫1号機P3-450
03/03 燦々倶楽部の仲間の三毛猫さんよりDELL-PⅢ450Mを譲って貰う
分解清掃しHDDなどを入れ替えwindowsXPを入れ娘にあげる。
03/11 組み直し同僚へ譲渡

日立フローラ370改造機P3-866 ※廃棄
03/03 Lycosオークションにて2万円で購入。Windows2000を入れるが大不調
03/04 Yahoo!オークションにてRDメモリーを購入し追加するが改善しない。
03/11 ジャンクマザーを購入し、マザーボードを交換する。快調に起動。
日立フローラは企業用としてOS入りで販売されている。前にもPⅡのフローラを貰ったが不調だった、
それは、とても使える状態では無かったので廃棄処分にした。フローラのマザーは駄目だ。
03/11 現在、音楽取込み及びFTPサーバーとして利用。将来はHPサーバーとして活用予定。
04/06 娘へ譲渡
07/05 会社へ移転

自作2号機AthlonXP2500+ ※保存中
03/11 自宅用と会社用に2台のAMDをバラで購入した。
自宅用にはAthlonXP2500+を会社用にはAthlonXP2000+を購入したのだが自宅用のマザーはどういう訳かPC3200のメモリーを2枚取り付けるとOSがインストール出来ない、メモリー初期不良かとサポートに持参しチェック(Men86)してもらうが異常なし、Men86なら家にもあるぜと、会社用の安い方のマザーと交換してたら問題なくインストールする。
仕方がないのでこちらを利用し自宅用とする。
03/12 クロックアップ(倍率アップ)にて3000+にて利用中、安いマザーなのでベースクロックが細かく上げられない。
03/09 フレッツADSL12MからアッカADSL26Mに変更、実測下り900k、上り200k(・_・;
現在、家庭内にはハブ接続にて5台のPCと1台のプレステがケーブル接続されてます。
04/01 アッカ40Mに変更、速度変わらず(-_-;)
07/05 娘へ譲渡

CANON PIXUS MP710 ※廃棄
04/03  印刷してもくねくねと曲がった罫線、色もまともに出なくなったプリンターを8年振りに買い換えた。
複合機でCD-Rにもプリント出来る機種はこれしかなかった、発売前にヨドバシで予約をして購入した。
音も静かで印刷スピードも速い、コピーも単独で使える便利だ。スキャンはやはり遅い、もっと取込の速いスキャンが無いのかな、いつもいらいらする。
まあ合格点だろう。

KDDI光プラス
04/08  遂にここにも光が導入された、公称最速70Mとか言っていたが実測25Mだった、それでも今までより安くなり0.5Mが50倍の25Mになった恩恵は素晴らしい。ストリーミング動画も楽々である。

続・自作機2号 ※廃棄
04/09 03/11の話の続き、メモリー不良ではなく、マザーボードがPC3200のメモリー対応に制限があったことがマニュアルを詳しく読んで判明、自作慣れするとマニュアルを読まないのが災いした。
結果的に会社のマザーと交換し、メモリーを付け替えて正常に起動中。SATAも付くぞ(^^)ニコ

続・自作機3号 ※譲渡
07/05 昨年春にHDビデオカメラを購入したのだが、Athlon2500+では能力不足で編集が出来ない、やっとハイパワーマシンを購入した、もちろん組立てマシンである。勢いでOSもWindowsVISTAにバージョンアップ。VISTAはXPと比べ使いづらいのはVISTA-RC1を使ってみて分かっていたが、将来性を考えた。
発熱、消費電力なども考慮して今回はIntelE6600にした。DualCoreは素晴らしい、ビデオエンコードしながらでも他の操作も楽々出来る。
08/01 メモリーが安くなったので4Gに増設、32bitOSなので3Gまでしか認識せず。
09/02 Windows7β版を自作機3号に試験インストール
09/04 PIXUS MP710不調廃棄、EPSON EP-801A購入
10/01 Windows7RC版、アンインストール

続・自作機4号
11/04 昨年秋にメモリータイプのビデオカメラに交換したのですが、E6600での編集が非常に厳しい環境となりました。
そこで、Intel Quick Sync Videoに対応したPCを作りました。
OSもWindows7x64にして、Edious neo 2を3にバージョンアップしました。
AVCHDも快適に編集、書き出しが出来ます。
前のPCで書き出しに10分ビデオで100分ほど掛かっていたのが6分ほどで完了します。
ページ上へ戻る



コメントは受け付けていません