デジタル画像の推移

現在、デジタル画像も銀塩を超えた様な状況ですが、自分が最初に撮った画像は知人に貰ったCASIOのQV-100
サイズは640×です。錦糸町の商店街です。2000.05

今度は買った同じくCASIOのQV-3000EX 定価8万をヨドバシで6万くらいで買ったかな?コンパクトフラッシュで最高128Mだったかな?
これは数年活躍しました。
サイズは1024× マリーンスタジアム 2000.08

次がソニーも発売しだしたのでSONY DSC-9
2816×(公開用に縮小しています。) 安房勝山駅 2006.01

次もSONY DSC-TX 東御苑 2009.10
標準は3648× パノラマも撮せました(縮小しています。)

この頃からデジタルカメラは高級一眼レフへと軸足を移して行きます。
管理人はビデオカメラへと移行し、コンパクトカメラでの写真撮影は少なくなりました。
世間は携帯・スマートフォンカメラへとなって行きました。
スマートフォンカメラですが、これは画素数だけは増えて行きましたが、ズーム画像や、通常撮影も拡大すると全く使いものになりませんね。


コメントは受け付けていません