Microsoft LifeCam3.5

福島の孫とSkypeをするために購入したMicrosoft LifeCam HD-5000と言うWEBカメラが取り付けてあります。
孫も大きくなりSkypeすることも余りなくなりました。
先日、Windows10のCreators Updateをやったところ、インストールしてあったカメラ用のソフトLifeCam3.5の起動ファィルが勝手に削除されていました。
Windows10にしたときには起動していたのですが、10導入以来Skypeはしていなかったので気が付きませんでした。
何でだろう♪何でだろう♪と調べて行ったら
オーディオデバイスとしか認識されていません。

さらに詳細を調べたら、イメージングデバイスと認識されていました。

そこで、勝手に削除されたLifeCam3.5を再インストールしようとしたところ、このWindowsでは利用出来ないとの表示が出て、インストール出来ません。
では、Microsoftのサポートに修正プログラムがあるのかと探しましたが見当たりません。
商品を売って、利用する環境は勝手にアップデートして、そりゃないだろうと思ってもMicrosoftに無いものは無い。
フリーソフトでWEBカメラを利用出来るものがないかと探したら、ありましたありました。
録画まで出来るものもありました。まあ、兎に角Skypeがカメラを認識してくれれば良しなので、結果オーライで一安心です。

Creators Update、サインイン設定まで初期化してくれ、余計なお世話が多いな。
まあ、起動終了が数段速くなったから良しとするか(^-^;


コメントは受け付けていません