• カテゴリー別アーカイブ 日々楽々
  • 松戸に千葉都市モノレールが・・

    今日は久し振りに新京成沿線健康ハイキングを歩いて来ました。
    このハイキングは1/13に開催されたもので、新京成沿線健康ハイキングのホームページにマップが公開されています。

    歩いていたら青矢印のところに見慣れた車体が置かれていました。

    あれ?千葉都市モノレールではないか、吊られているのに置かれているぞ?

    行き先をズームで確認。

    「千葉みなと」だ!!


  • また雪

    イチゴを食べていたら2月になり、また雪が降っています。
    今回の雪は気温がマイナスにならなかった様で、路面凍結なしで交通に支障は出ていないようです。
    現在も雪は舞っていますが、朝方に歩道などに数センチ積もった雪は地熱で融け始めています。


  • いちごです。

    名付けて「九十九里波乗り苺」だそうです。

    息子が10数年来訪れているいちご園で購入して来ました。

    さいとうさん家のいちご

    千葉県山武市(さんむし)は国道がストロベリーロードと呼ばれるほどのいちご園があります。
    イチゴと言うとガキの頃は静岡の石垣イチゴでした。そのうち栃木県で「とちおとめ」なるイチゴが冬に発売され、すっかり冬の果物となってしまいました。
    県内でも以前はゴールデンウィーク前辺りからがイチゴ狩りでしたが、栃木県に負けるなでしょうか?
    この季節からが当たり前になってしまいました。

    雪国は大雪と言うのに、千葉では美味しいイチゴを食べています。


  • 築地大橋

    現在、チマチマと隅田川の橋めぐりをしていますが、勝鬨橋より海側に新しい橋が完成しています。
    橋の名前は「築地大橋」と言います。
    バカ知事の訳ワカンメーで開通が大幅に遅れています。
    予定では築地市場移転後ですが、その移転が大幅に遅れ、その後に取付道路の工事が始まると思います。
    折角、橋そのものは完成しているのですから、自転車とか人は渡らせて欲しいものです。
    橋を建設した会社の築地大橋の詳細です。

    築地大橋


  • {{ (>_<) }}

    いやはや何ともかんとも{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ~。
    で、寒さの中、定番花見川コースに行きました。
    二日前に降った雪が日陰ではカチカチでした。
    いつもはこの先にあります観音様にお参りして帰るのですが、この先がもっと日陰と坂なのでUターンです。

    先日、町屋を歩いていて前から杖を突きながら来たご老体が標識のポールに捕まろうとして失敗し道に倒れ込みました。
    倒れた後ろからは車が来ました。狭い路地でしたので徐行していたのが幸いし、停止しました。
    運ちゃんが出て来るかなと見ていたら、倒れたご老体を避けて走り去りました。冷たいですね。
    関わりたくないと言う都会の悲しさですね。
    近所の人や通り掛かりの人も集まり、わたしが道端まで運び、いろいろと話を聞きました。
    119番に掛けましょうか?と聞くと、近くだからしなくて良いと言います。
    歩けるのかなと立たせようとしましたが、イテテテで立てません。
    オンブして連れて行こうかと思いましたが、足がイテテテテと言います。
    連絡先があるのか聞いたところ、家に孫がいると言うのでわたしのスマホで連絡を取りました。
    しばらくすると、孫らしき方が歩いて来たのですが、歩きは無理と言うと車を取りに戻りました。
    その間、ご老体の番人をしながら、いろいろとお話をしたところ、「自分は94歳で仲間がみんな先に逝って淋しい、ひとり残るのも考え物だ」と言います。
    そんな話をしていると孫が車で駆け付けました。孫と二人で車に乗せ「このまま病院へ連れて行った方がいいよ」と分かれました。

    自宅へ帰ると、今年年賀状が来なかった高校クラスメートの奥様からハガキが届いていました。
    この1月2日に亡くなったと書いてあります。長年、週3回の透析を続けていました。
    まだ66歳、94歳まで28年もあるのに逝ってしまうなんて、悲しいなぁ。
    報道で毎日毎日死の報道がありますが、他人事ですね。身近であると、ふと自分に置き換えてしまいます。
    観音様にお参りすると「この時まで生きていることをありがとうございます。」と感謝します。
    神様仏様は頼み事をしても聞いてはくれません。商売繁盛、家内安全、交通安全などは金儲けで人がやっているだけです。
    若い頃、あの成田山新勝寺でやや高めの交通安全のお札をいただた年は2回も事故ってしまいました。
    神様仏様はそんなことは知りません。自然に感謝し、道端の地蔵尊に見守ってくれてありがとう。ですね。


  • 大雪

    関東では4年ぶりの大雪となりました。
    雪国の人に大雪なんて言うと笑われますが、なんと車の上には20Cmほどの雪が積もっていました。
    関東の車はほぼノーマルタイヤと言っても良いと思います。
    スタッドを履いているのは2割はいないかも知れません。
    そんなことで、夜に坂道で走れなくなって車がよく裏道に放置され、翌日の通勤時にはあちこちで小渋滞があります。
    大通りは大型車が走り、この程度では問題ありません。
    鉄道はほぼ正常に動いていますが、首都高速の朝は全滅状況です。
    大型ドライバー時代は料金所での「チェーン着装」チェックには困りました。
    積雪が全く無くてもチェーンを装着していなと入れてくれません。
    巻いて入り、最初のパーキングなどで外すの連続でした。
    チェーンは積雪のないところを走るとアッと言う間に駒切れをしてしまいます。
    スタッドが当たり前になった最近はプロドライバーでもチェーンの装着が出来ないと言う者が多いそうです。
    積雪が凄いところはスタッドでも走れません。チェーンは常備しましょう。
    昔は、国道17号三国峠越えはWチェーン着装が新潟県条例であり、ダブルになっているリアタイヤ両方にかじかんだ手で四苦八苦しながら巻いたものです。

    本日はこの程度です。


  • 鉄道で始まった初詣

    正月も先日箱根駅伝をテレビで観たなと思ったら、もう下旬になろうかとしています。

    とある冊子に興味深いことが載っていました。
    現在、初詣でと言うと正月三が日がメインとなっていますが、江戸時代には現在の様な姿の初詣は無かったそうです。
    当時は恵方詣りと言って、元日に自宅の恵方方角(歳徳神の居る方角)の社寺に参るのが一般的なのと、近くの社寺へは初縁日に出掛けていたそうです。
    それが明治になり、汽笛一声から正月休みに「陸蒸気に乗って川崎大師に行ってみるか」と詣る様になったのが始まりだそうです。
    その後、国鉄と京急でその初詣客の奪い合いが始まります。
    そして、熾烈を極めたのが大正期の成田山詣での国鉄と京成との過激な競争です。
    昭和に入り、国鉄が大晦日に両国から臨時列車を走らせると、京成は翌年から終夜運転で対抗、ここから大晦日の除夜の鐘を聞きながら参拝する「二年参り」が始まったそうです。
    これが全国に広まったのですね。
    国鉄と私鉄の熾烈な戦いが現在の「初詣」を定着させたのです。
    「初詣」、以外と歴史は新しい様です。
    明治時代に明治神宮はありませんので、川崎大師か成田山が関東一の人出だったのかも知れませんね。
    時代は変わり、現代は鉄道と高速バスの戦いが日常化しています。


  • 画像の整理

    久し振りに動画を離れて画像の整理をしています。
    画像フォルダーには重複含めデジカメや携帯なとで撮影した11万枚を超える画像があります。
    初めてのデジタル画像です。CASIOのQV-100で写した秋葉原です。

    320*240/1999年

    640*450 多摩都市モノレール

    次に購入したのが同じくCASIOのQV3000Eです。ヨドバシで8万くらいしましたね。
    メモリーは別売で兎に角メモリーが高かった。
    最初は32Mくらいのコンパクトフラッシュが1万くらいしてたのかな?

    2000年

    そしてデジカメはどんどん良くなり、ビデオのカメラも良くなり、こんなに綺麗に写せる様になりました。2017年春

    格安スマホカメラはダメです。ズーム撮影するとボケます。

    さて、整理整理ですが・・どうしたものか(・・;)


  • 三社神社

    昨日、ホームセンターに用があり、散歩がてらにテクテクと2キロ弱を歩いて出掛けました。
    そのまま帰宅するのは勿体ないとちょっと寄り道遠回りしながら帰りました。
    地図ではホームセンター近くに何やら神社があります。

    東関道・京葉道路宮野木JCT近くです。

    拡大地図

    立派な神社で、ビックリです。

    由緒
    その昔、この村で15歳になるとお伊勢参りをさせて、帰路に鶴岡八幡宮を詣でて帰ると大人の仲間入りとしたそうな。
    戦国時代でしょうか国乱で参詣が思う様に出来なくなり、伊勢神宮と八幡宮を勧請し、土神様と一緒に祀ったのが三社の謂われらしいです。
    なかなか由緒がしっかりした立派な神社でした。来年の初詣はこの神社にしよう。